訪問介護求人の特徴は、まず求人数が非常に増えているということです。
少子高齢化の影響で高齢者が毎年増えていますが、それに伴って介護施設も次々とオープンしています。
しかし、介護施設も無限にオープンできる訳ではありませんし、介護サービスを受けたいのに空室が無いという状況もあり得ます。
介護サービスを受けたい人にとって、それがなかなか叶わないという現実は不安が大きくなります。

そんな方々の救世主となるのが訪問介護です。
施設内で仕事をするのではなく、直接自宅に行って介護業務を行います。
施設に空室があっても自宅で過ごしたいと望む人が多いです。
なので、この先訪問介護の需要は更に高まり続けると予想されます。

雇用形態としては、パート職員が多くて少数の正社員という場合が多いです。
パート職員は契約している高齢者の自宅に行って介護業務を行うだけですが、正社員はそれに加えてパート職員の管理をしなければいけません。
パート職員のミスや不手際によるクレームを処理したり、急な欠勤があった場合はサポートに回る必要もあります。
正社員ということでそれだけ給与も多いので、多くの仕事を受け持つのは当然です。

採用される難易度としては、それほど高くないと言えます。
ケースバイケースではありますが、介護業界全体が人材不足に陥っているので、経験がゼロでも比較的採用されやすいです。
もちろん、介護に関する資格や経験があれば即戦力として優遇されます。