介護職というと、入所型施設での介護を連想されることが多いです。
しかし実際は色々な種類の業務内容があります。
デイケアや、直接家庭に訪問をして行う訪問介護などです。

訪問介護では、所属するヘルパーステーションなどから各家庭に派遣されて必要な介護を行います。
介護の内容はニーズによって大きく異なり、例えば日常の家事の遂行が難しい場合は、洗濯や料理、掃除などを行います。
また歩行困難などで買い物が難しい場合は、利用者に代わってスーパーへ行って必要なものを購入してきます。
そして着替えや排泄などが難しい場合はその介助をします。
このように訪問介護では利用者に合わせた内容の介護を行うため、業務の幅は広いです。
業務の流れなど、訪問介護の仕事をもっと詳しく知りたい方は訪問介護の仕事に就きたいあなたへをチェック。

訪問介護の人気の理由の1つとして夜勤がないことが挙げられます。
入所型施設で働く場合は夜勤をすることが必須である場合が多いです。
しかし訪問介護の場合、訪問時間は日中から夕方であることが多くなります。
そのため夜勤のない求人が多くなります。
従って介護職の中でも人気の高い分野の1つです。

しかし、誰でも訪問介護ができるというわけではありません。
必要な資格や研修などがあります。
具体的には、介護福祉士の取得や介護員養成研修修了者である、もしくは介護職員初任者研修修了者である必要があります。
これらの資格や研修を受けるために特定の指定学校を卒業するなどの厳しい条件が必要というわけではありません。
そのため一定の条件を満たせば、誰でも訪問介護の業務に携わることができます。