現職の企業に不満を抱えていたり、業界自体に将来性を感じられなかったり、転職を考える多くの人がこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。
例えば他業界への転職を考えるとき、求人を探し始めるタイミングが重要になる場合があります。

もし介護業界への転職を考えている人で、訪問介護事業所のホームヘルパーとして働きたい人は、前職を退職する前のできるだけ早いタイミングで求人を探し始めるようにしましょう。
介護業界では安定して労働力を確保するため、多くの企業が介護資格無資格の人の採用も行っています。
企業によっては無資格の状態で働き始めてもらい、後々介護資格を取得して幅広い範囲の仕事をしてもらえるようになることを期待しているのです。
しかし訪問介護事業所のホームヘルパーは介護資格有資格者しか働けないことが多くあります。
介護資格有資格者でなければ高齢者に提供できない介護サービスを、単独に提供する必要があるからです。
そのため前職を退職してから求人を探すようでは、働き始めるまでにかなりの時間がかかってしまいます。
できれば前職在職中に介護資格を取得して、訪問介護事業所の求人を探し始める方が良いでしょう。

介護資格の中には前歴に関係なく講座を受講することで取得できるものがあり、介護職員初任者研修資格がそれになります。
比較的取得しやすい介護資格で、通信講座と数回のスクーリングのみで取得可能です。
初任者研修資格を取得しておけばホームヘルパーとして働けるだけではなく、介護業界のキャリアパスとしても役に立つのでお勧めです。