訪問介護の仕事に転職を考えている人は少なくありませんが、介護業界の中で自分の力をしっかりと発揮するために、働きがいのある職場を見つけることがとても大切です。
特に、訪問介護事業所で初めて働く場合には、転職者を対象とした教育制度がしっかりとしているところや、訪問介護員の待遇改善を行っているところを就職先に選ぶことで、無理なくスキルを高めることが可能です。

また、求人票や事業所のホームページなどを見て、そこで働きながら取得できる資格は何があるのか調べておきましょう。
優秀な訪問介護員の育成に努めている事業所の中には、研修期間中に先輩スタッフによるマンツーマンの研修を実施するところも増えています。
そのため、転職後の働き方について気になることがあれば、訪問介護事業所の事情について詳しく紹介されているサイトを参考にしたり、興味のある事業所の担当者に直接問い合わせしたりすると良いでしょう。

なお、老人ホームやグループホームなどの入所型施設における介護の経験のある人は、訪問介護事業所に転職をした後に、管理職として働くことができたり、収入アップを目指せたりすることも少なくありません。
そこで、転職後に後悔をしないためにも、転職活動を通じて経験者採用に力を入れている訪問介護事業所の求人を優先的にチェックするのはもちろん、採用面接の時に担当者と給与交渉を行うことが肝心です。

これらのポイントを押さえて、自分にピッタリの事業所を探してみると良いでしょう。